ヒロホの自由ブログ

一日一日を大切に、ブログもゆっくり書いていきます。

高校生向けオープンキャンパスに行きました

子どもが受験する大学のオープンキャンパスについて行きました。交通の便が良い町中の立地とガラス張りの学舎が魅力的な学校でした。

全体的な学校説明会が大教室で行われた後、子どもは模擬試験に、私は個別相談に。

多い受験チャンス

今どきの私立大学受験はとにかく受験チャンスが豊富に用意されています。6月頃のAO入試に始まり、自己推薦入試やら公募制入試で年内には合格がある程度決まってしまうのです。

そして、こういう受験のチャンスを利用できなかったり、利用しなかったり、あるいは利用したがうまくいかなかった人たちが、年明けてからの一般入試に挑みます。その一般入試もまずはセンター試験があり、その後に大学独自の一般入試が行われます。

受験料もそれなりに

巧みな日程だな、と思ったのは、センター試験も学校独自の一般入試も、合格発表が同じ頃だということです。

センター試験でだめだったら学校の一般入試を受けよう、というわけにはいかないのです。全部受けられるだけ受けておかないと、合格を勝ち取る確率が低くなります。

いや、合格を勝ち取る確率を高くするために、受けられるだけ受けてしまうのです。

もちろん、行きたい学部や学科が決まっていて、その大学のその学部じゃないと行く意味がない、というならば受験回数はもう少し減るでしょう。

我が子は「ここじゃなきゃだめ」というタイプのうえ、受験料も受験回数に比例して高くなるので、親の懐具合も考慮してくれました。まず公募制推薦で挑戦し、駄目ならセンター試験と三回ある一般入試の一回目を受けることにしました。

なんとなく公募制推薦入試で行けそうな気がしますが、さてどうなることやら。

f:id:yh3gatari:20181120082439j:plain
次、がんばろう!