ヒロホの自由ブログ

一日一日を大切に、ブログもゆっくり書いていきます。

毎月おいしいパイ・タルトが家に届く!

サンクドノア

サンクドノアをご存知ですか?

愛知県春日井市にある洋菓子メーカーです。ずーっと以前から新聞の折込広告で気になっていたお店で、いつかはここのパイ・タルトを食べたいと願っていました。

 

そして、やっと今回申し込みました。直径18センチのMサイズで月々3,000円(税込)。家計厳しい我が家にとっては増やしたくない負担でしたが、美味しいものが食べられるならなんとかしよう!と決心(大袈裟だけど・・・)しました。電話したのが10月30日だったので、11月分から送ってもらうことに。ちなみにLサイズ(直径20センチ)なら税込3,350円。送料はどちらも無料です。

 

 11月15日に届きました!

 ついに、我が家にサンクドノアのパイが届きました。今回は初回なので、新規入会者だけのプレゼント「特製フルーツケーキ」も一緒です。

f:id:yh3gatari:20181122211539j:plain

渋皮栗のパイ包み 外箱

f:id:yh3gatari:20181122212218j:plain

新規入会特典のフルーツケーキ 外箱

f:id:yh3gatari:20181122211311j:plain

渋皮栗のパイ包み

f:id:yh3gatari:20181122211704j:plain

フルーツケーキ

まずは、渋皮栗のパイ包みをいただきました。とっても香ばしい色つやの本体にナイフを入れ、断面を見てみると

f:id:yh3gatari:20181122211206j:plain

断面

栗がぎっしり!一つ一つの栗がとっても大きくて形が良いのです。丸ごとの栗の写真を上手く撮れなかったのでお見せできないのが残念です。下の写真もちょっとブレてしまった。でもパイ表面のつやがお分かりいただけると思います。

 

甘さはあっさりとして栗の味をしっかり楽しめました。こんなにたくさん栗が入っているとは思わなかったので、すごくうれしかったです。申し込んでよかった!!

f:id:yh3gatari:20181122211339j:plain

切り分けたパイ

フルーツケーキは、袋から出してすぐ食べ始めてしまったので写真を撮れませんでした。ブログに載せることをうっかり忘れて・・・。

 

文章で表現すると、スポンジの中に細かく刻んだドライフルーツがたっぷり詰まっていて、一口食べるごとに幸せな気持ちになれるケーキでした。

 

パイもケーキも「具がたっぷり」というのがポイントですね。お値段からしてもお得だと思います。



頒布(はんぷ)の仕組み

サンクドノアは焼きたてのパイ・タルトをその日のうちに発送する仕組みになっています(届くのは翌日です)。申し込みは簡単で、電話をかけて「季節のパイ・タルトに申し込みたいんですが。」と言えば、希望サイズと送り先、送付希望日時などを聞かれて完了です。いちおう「季節のパイ・タルト」頒布会に入会したということになりますが、会費はありません。

 

ちなみに、頒布(はんぷ)というのは「広く配る」という意味で有料・無料どちらもあります。「有料で配る」というのは要するに販売でしょ、と言いたくなりますが、販売は「売りさばく」という意味になるので、ニュアンスがちょっと違うのかな。また、不特定多数のお客に売るのが「販売」で、特定の仲間や会員に配るのが「頒布」という使い分けがあります。

 

提供者側が商売しているということを前面に出したくない時に「頒布」を使ったりすることもあるそうです。サンクドノアはそういうことですね。売ることより、多くの人に味わってほしいという気持ちが強いお店なんだと思います。

 

FAXやハガキでも申し込めます。メールでの申し込みは、アドレスが書かれていなかったのでできないようですね。退会やお休みは希望月の前月末日までに連絡すればOK。

 

代金は、商品が届いてから7日以内に郵便局かコンビニで支払います。後払いです!食べてほっこりしたらうっかり支払いを忘れそうだと思ったので、翌日急いで近所のコンビニで払ってきました。

 

詳しくは、下記のサイトを見てください。(アフィリエイトではありません。)


 

12回分のメニュー

12ヶ月のメニューはあらかじめ決まっていて、今月およびそれ以降のメニューは、

11月 渋皮栗のパイ包み

12月 青森りんごのパイタルト

1月   さつま芋と黒豆のタルト

2月   バナナのチョコタルト

3月   新鮮いちごのタルト

4月   甘夏のアーモンドタルト

5月   アメリカンチェリーのパイ

6月   ブルーベリーと赤すぐりのタルト

7月   白桃とクルミのパイ

8月   丸ごと巨峰のタルト

9月   いちじくのパイタルト

10月 ラ・フランスのタルト

となっています。

サンクドノアのサイトに写真がありますから、よかったら見てくださいね。

 

 これも終活 

 以前から何度も目にしていたサンクドノアの広告を見た時、最初は今回も「まだ無理だな」と思っていました。高校生の子どもが二人いて教育費がまだまだかかるからです。我が家にとっては「たかが3,000円、されど3,000円」です。

 

でも、「今は家計に余裕がないからもうちょっと後で」と先延ばししていたら、いったい、いつ我が家に余裕ができるのかしら、と急に心配になりました。来年消費税が10%に上がったら、今でもきついのにもっと大変になるのは明白。毎日いっしょうけんめい働いて、いろんなことを我慢して節約して、そうしたらいつか、好きな物を好きな時に手に入れることができる日が来る、と思っているうちに年を取ってしまうのではないか。病気にでもなれば食べたいものも食べられなくなってしまうのでないか。

 

子どもたちが広告のパイ・タルトの写真を見ながら「これすっごく美味しそう!」と暗に食べたいビームを放出しているのを感じながら、「いつか食べようね。」で終わらせていたけれど、いつかっていつになるのか。子どもは成長すると家にいる時間が少なくなっていきます。一緒にお菓子を楽しめるうちに食べるのも大事なんじゃなかろうか。

 

そして「終活」をテーマにブログを書き始めたことを思い出しました。死後の片づけの準備も大事だけど、死ぬまでにちゃんと悔いなく過ごすことも「終活」でしょ!と。

 

というわけで、サンクドノアのお菓子を楽しむチャンスを、このたび自分と家族に贈ることにしました。結果は大満足です!! 

f:id:yh3gatari:20181123142311j:plain

あーおいしかった!