ヒロホの自由ブログ

一日一日を大切に、ブログもゆっくり書いていきます。

戸別配達での新聞購読をやめることにしました。

こんにちは、ヒロホです。とうとう新聞の戸別配達購読をやめることにしました。


f:id:yh3gatari:20190207092427j:image

ただ、契約更新月が今年の10月なのでまだ連絡せずにいたら、値上げの影響調査を兼ねてか、早々と「契約更新をお願いできませんか」と販売店の人が『お伺い』に来ました。

 

「新聞購読はもうやめます」と伝えると、予期していたかのように「そうですか。値上げしましたからね(T_T)」と諦めた様子でした。

 

実際のところ、私が購読をやめることにした理由に「値上げ」は関係なかったのですが、販売員さんが妙に納得してしつこく購読を迫って来なかったので、そのままにしておきました(笑)

 

それにしても、今年(2019年)1月からの値上げ、4037円から4400円!

 

なんと363円の増加!

 

これが株価の上昇だったらなあ・・・

これが時給のアップだったらなあ・・・


f:id:yh3gatari:20190206214717j:image

上がってほしいものは上がらず、上がらなくてよいのにと思うものはドカンと上がるんですよね~ ┐('~`;)┌

 

さて、本題に入ります。

長年続けてきた習慣=戸配の新聞購読をやめた後、新聞とどう付き合っていくかを考えました。

 

〈目次〉

 

 

なぜ戸別配達の新聞購読をやめることにしたのか

まずは、やめる決心をした理由です。

  1. 毎日届いても時間がなくて溜まっていくだけ
  2. ニュースはネットで読める



1. 毎日届いても時間がなくて溜まっていくだけ

f:id:yh3gatari:20190210163954j:image

毎日忙しくて、ゆっくり新聞を読んでいる時間がなく、部屋の隅で山積みになっています。

 

活字を読むのが好きなので、ていねいに読みたいのは山々ですが、短い時間でおおざっぱに最近の出来事を知っておこうとすると、見出しを眺めるのが精一杯です。

 

ただ、「スマホで文章を読む」ことに慣れるまでは、紙面で読む方が目が疲れにくいのでなかなか決心がつきませんでした。

 

 

2. ニュースはネットで読める


f:id:yh3gatari:20190210170255j:image

スマホで簡単に最新ニュースが見られるようになったので、記事を印刷して配達する手間がかかる新聞はどうしても「遅れている」という印象を与えます。

 

一番顕著な例は、有名人の訃報です。まずネットで知り、早いときはその日の夕刊の訃報記事に載り、さらに翌日の朝刊に、再度同じ記事が掲載されていました。

(夕刊と朝刊に同じ記事を載せるのは、夕刊を取っていない講読者のため、という意見もありますが)

 

夕刊、朝刊の記事にはネットに書かれていた以上の内容はなく、結局ネットニュースでさらに詳しいことを知る、というのは無駄な気がしていました。

 

今まで購読を続けてきた理由

では、ネットニュースが普及してしばらく経つのに、今まで新聞購読をやめなかったのはなぜか。主な理由は次の3点です。

 

  • 私が新聞(活字)を読む長年の習慣をやめられなかったから。
  • 娘たちに新聞(活字)を読む習慣を身に付けさせたかったから。
  • 新聞は、興味あることもないことも目に入るので幅広い知識が得られる、という定説を信じ込んでいたから。


f:id:yh3gatari:20190210105257j:image

 

私が子どもの頃は、情報源といえば新聞かテレビ。テレビは、ニュース番組の時間に観ていないといけませんが、新聞はいつでも読むことができるので、空いた時間に読む習慣ができあがっていました。

 

わが子にも同じように、新聞をじっくり読む習慣を身につけてもらいたくて、子どもの目の前で新聞を読む姿を見せるなど努力してきました。

 

欲しい情報以外も目にする機会が得られる新聞は、絶対必要だと信じていましたから。

 

しかし、時代は変わりました。

 

子どもらが物心ついた頃には、録画が当たり前のテレビや、ネットに繋がったパソコンが身近にありました。

彼女らの特徴は、私が見る限りですが

  • 興味・関心がない事柄は、目の前に書かれていても、情報が脳まで届かない。(=気に留めない、気がつかない)
  • 「画面で文字を読むことに抵抗がない」ので、紙媒体を必要としない。

f:id:yh3gatari:20190210170346j:image

パソコンよりも使い勝手の良い「スマホ」を手にした今、情報を得る方法はすっかり変わってしまったのです。

 

そのことにやっと気づきました。

 

新聞は毎日じゃなくて週1回でいい

私が購読している全国紙も、紙媒体だけでなくオンラインニュースにも力を入れ始めています。新聞講読者は無料で利用でき、ポイントがたまる特典もあります。

 

販売員さんに紙媒体とオンラインの両方を勧める理由を尋ねると、こんな返事をいただきました。

 

時間がある時は自宅などで落ち着いて紙の新聞を読んでいただき、忙しいときはスマホなどで外出先でも手軽に読んでいただけるように、ということです。」


f:id:yh3gatari:20190210155022j:image

家でゆっくり新聞を読むのは、私にとってくつろぎタイムでもあるのですが、毎日そんなことをしている時間はありません。そういう人が多いのではないかしら。

 

だから個人的には、戸別新聞配達はせいぜい週1回にして、通常はオンラインで記事を発信したら良いのではないかと思っています。

 

新聞記者さんも、最新ニュースや速報はネットでタイムリーに流し、じっくり調べたり考えたりした社説などの記事は発行回数を減らした紙媒体で発表することにしたらどうでしょうね。


f:id:yh3gatari:20190210154901j:image

週1回だけ戸別配達してもらえるならありがたいですけど・・・今後は時々コンビニなどで買って読むことになると思います。

 

結論

今年の10月以降、朝夕に新聞が来なくなったら寂しいという気持ちはあります。

 

でも、月に数回は自分で買ってゆっくり読むつもり。

 

今まで時間がなくて読まずにいた記事にもしっかり目を通して、記者の方たちが一生懸命書き上げた文章をじっくり味わいながら、新聞を読み尽くそうと思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hazuki ハズキルーペ ラージ 1.6倍 クリアレンズ 黒

Hazuki ハズキルーペ ラージ 1.6倍 クリアレンズ 黒

 

↑↑↑  いずれ必要になりそう(*^.^*)