ヒロホの自由ブログ

一日一日を大切に、ブログもゆっくり書いていきます。

バナナとチョコは相性抜群!

こんにちは、ヒロホです。サンクドノア4回目のスウィーツを紹介します。
2月に届いたのは「バナナのチョコタルト」、直径18センチのMサイズ。

f:id:yh3gatari:20190225224958j:plain

見た目は彩りがちょっと…。インスタ映えは難しそうですね。でも、肝心なのはお味。

毎回恒例の切り口写真です。

f:id:yh3gatari:20190225224758j:plain


f:id:yh3gatari:20190225225215j:plain



味わった感想は、
タルトの上にのっている部分がいくつもの味を持っていてびっくり。
単純なチョコバナナのお味とはちょっと違う、
手の込んだ美味しさでした!


いったいどんな材料を使っているのかしら、
と思って説明文を読むと、
この「バナナのチョコタルト」のベースには数々の工夫がなされているとのこと。


以下、引用です。

型にパートシュクレを敷いて先焼きのクレームダマンドショコラを置き、ガナッシュを流します。

その上に均一な厚みにカットしたバナナを敷き詰めて、バナナ&チョコ風味のアーモンド生地を絞ったらスライスバナナを飾ってオーブンへ。

自分でお菓子を作ることがほとんどない私には、分からない言葉がたくさんありました(T_T)

パートシュクレとは?

パートは生地、シュクレは砂糖を意味するフランス語で、パートシュクレ=甘いタルト生地となります。

タルトを意味する語が見当たらないですが、パートシュクレといえば基本的にタルトの土台を表すのかもしれません。

クレームダマンドショコラとは?

クレームダマンドとはアーモンドクリームを意味するフランス語で、ショコラはチョコレートですから、チョコレート風味のアーモンドクリームということになるそうです。

ガナッシュとは?

チョコレートと生クリームを合わせて作る、口溶けの良いチョコレートのことだそうです。


引用の前半部分を解読すると、

型に甘いタルトの土台を敷いて、先に焼いておいたチョコレート風味のアーモンドクリームを置き、口溶けの良いチョコレートを流します。

ということでした。

まだ意味不明の部分もありますが(^^;;、気にしないことにします。

だって、とても美味しかったから\(^o^)/


ちなみに、バナナは完熟プレミアムバナナを使用。理由は、焼いても滑らかさが残るからだそうです。


お菓子作りは奥が深い。



サンクドノアについて、詳しくはこちら → 創作洋菓子工房 サンクドノア

スタートしたのは11月「渋皮栗のパイ包み」からでした。
www.hiroho.net

12月は「青森りんごのパイタルト」でした。
www.hiroho.net

今年(2019年)1月は「さつま芋と黒豆のタルト」でした。
www.hiroho.net


12回分のメニューはこちら

1月  さつま芋と黒豆のタルト

2月  バナナのチョコタルト

3月  新鮮いちごのタルト

4月  甘夏のアーモンドタルト

5月  アメリカンチェリーのパイ

6月  ブルーベリーと赤すぐりのタルト

7月  白桃とクルミのパイ

8月  丸ごと巨峰のタルト

9月  いちじくのパイタルト

10月 ラ・フランスのタルト

11月 渋皮栗のパイ包み

12月 青森りんごのパイタルト


最後までご覧いただきどうもありがとうございました。