ヒロホの自由ブログ

一日一日を大切に、ブログもゆっくり書いていきます。

GW旅行記① 京都から安曇野へ

こんにちは、ヒロホです(^_^)v

10連休が終わりましたね。皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか?

 

我が家は、5月3日~6日の三泊四日で安曇野黒部ダム上高地→富山→金沢に行ってきました。

 

ハム子は留守番~♪

f:id:yh3gatari:20190508092853j:image

 

娘たちは中学校の修学旅行で上高地に行ったので二度目の訪問になりますが、快くOKしてくれました。

 

〈目次〉

 

出発

一日目、早朝のつもりが7:30頃出発。

 

GW後半は「天気が良く行楽日和」という予想を聞いていたので覚悟していましたが、案の定ひどい渋滞に引っ掛かりました。

 

わずか17km進むのに1時間位かかり、「ちゃんと着けるかなあ」と不安に思っていると、愛知県に入ってしばらくしたころからスムーズに走り出しました(*^.^*)

 

途中、何度かサービスエリアで休憩し、サンドイッチやジュースで腹ごしらえ。

 

やがて、遠くに信州の山並みが見えてくると、嬉しくなって車から写真を撮りました。


f:id:yh3gatari:20190507185500j:image

東右衛門

予定より遅れて午後1時頃にたどり着いた駒ヶ岳SAで、駒ヶ根名物ソースカツ丼を食べたかったけれど、すごく混んでいたので、少し先でいったん高速道路を降りました。

 

そして、ネット検索で見つけた「東右衛門」というお店に寄りました。

 

駒ヶ根ソースカツ丼  

山野草の宿二人静 ~ 南信州駒ヶ根高原・早太郎温泉郷

二人静直営 足湯茶屋 東右衛門

住所:長野県駒ヶ根市赤穂497-779f:id:yh3gatari:20190507230818j:image

外観は写真のとおり。室内は濃茶色の落ち着きのある素敵な内装で、カツ丼を出すお店っぽくない(笑)印象でした\(^o^)/

 

すでに午後2時近くで、今晩泊まるホテルの夕食のことを考えると控えめな食事にすべきでしたが、 ものすごくお腹がすいていたので、全員、ソースカツ丼を食べてしまいました。

 

大きなどんぶりに入ったご飯の上にキャベツのせん切りが敷き詰められ、その上に大きなロースカツが乗っていました。ソースはやや辛め。サクサクのカツが美味しかった!

 

いつもながら、食べる前に写真を撮るのを忘れたので、文章だけで説明しましたm(__)m

 

足湯

精算後、外に出ると足湯できる場所があり、さっそく足を浸けてリラックス。気持ち良かった(^_^)v


f:id:yh3gatari:20190507231330j:image

 

大王わさび農場

再び高速道路に戻り、松本IC(安曇野ICだったかも)でおりて、大王わさび農場へ。


f:id:yh3gatari:20190507231449j:image

広い駐車場がほぼ満杯でした。閉園まで1時間を切っていたので足早に観光。

 

きれいな水が流れる川べりに水車があって、とても牧歌的な風景だと思いました。


f:id:yh3gatari:20190507231634j:image

わさびは水がきれいなところでないと育たないそうです。


f:id:yh3gatari:20190507231947j:image

5時閉園を知らせる放送がかかり、慌てて土産物を二つ購入しました。わさびを使った佃煮などです。

f:id:yh3gatari:20190508184751j:image

「5時20分に駐車場が閉まります」とアナウンスがあったにもかかわらず、皆のんびり♪(笑)

 

立山プリンスホテル

ここから、長野県大町市平にある本日の宿泊先「立山プリンスホテル」に向かいました。

【公式】立山プリンスホテル | 長野県大町温泉郷

午後6時過ぎに無事到着。ホテル前の駐車場は満車で、遠いほうの駐車場に案内されました。

 

ロビーは適度な広さで、ソファとテーブルが置かれ、反対側には土産物コーナーが充実している感じ。

 

チェックイン時に「館内は浴衣とスリッパでOK」と言われ、「日本のホテルはそうでなくちゃね~」と嬉しくなりました(^_^)v

 

お腹がまだ空いていなかったので、夕食は最終の午後7時半からを予約して、ひとまずお部屋へ。

 

広々した和室

「広々和室プラン」の部屋は、その名のとおり、広い和室(12畳)にバス・トイレ付き。さらに新館(本館は古いらしい)なので、とてもきれいでした。

 

特にトイレが新しくてきれいだったのが良かった\(^o^)/

 

運転

夫も私も、前日はフルタイムで仕事だったので、部屋に入ると横になって休憩せずにいられないほど疲れていました。

 

特に夫は、ずっと運転してきたので相当疲れたようです。

 

車は私も、毎日通勤で往復18㎞ほど運転していますが、スピードはせいぜい時速60㎞程度。時速80㎞以上出すのはちょっと怖い(^^;; 

 

だから、ついつい旅行の運転は夫任せにしてしまいます。「悪いなあ」と思いつつ・・・

 

夫はスピードを出すことは平気ですが、乗ってる車が軽自動車なので、高速道路では普通車にかないません(T_T)

 

「以前に乗っていたインプレッサWRXだったら負けないのに」と口ぐせのように言うのですが、手放して軽自動車に乗り換えて10年以上になります。

 

どんどん年を取るんだから、速く走る車はもう不要、と私は考えています(-_-;)

 

夕食

立山プリンスホテルの夕食はバイキングではなく、レストランに行くとテーブルに案内され、料理がもう並んでいました。

 

懐石料理ふうに、少しずつ多種類の料理が美しく並んでおり、食べるのが楽しい夕食でした。

 

しかし、ちょっと残念だった点あり。それは、一人一人キューブ型燃料の火で小さな釜にセットされたお米を炊くようになっていたのですが、ご飯が炊き上がるまで時間がかかったことと、釜の内側にたくさんのご飯がこびりついてしまい、食べられるご飯の量が少なかったこと。

 

ご飯は炊きたてをお櫃に入れて出してもらえた方が良かったな~。

 

それと、やはりカツ丼がお腹に残っていて食欲があまりなく、完食できませんでした。ホテルの厨房の方、ごめんなさいm(__)m

 

旅行で何よりも嬉しいこと

食後に部屋に戻ると布団が敷いてありました。

「自分で敷かなくていいんだ!」と感動\(^o^)/

 

「それに明日も明後日も、ご飯の用意をしなくていいんだ」と再び感動\(^o^)/

 

露天風呂

食事の次はお風呂。

 

浴衣に着替えて大浴場へ。湯ぶねは中と外に一つずつで、洗い場が広いし、それほど混んでなかったので、ゆったりできました。

 

備え付けのシャンプーやコンディショナーは馬油で、調べてみるとけっこう値段が高くてびっくり。

 

たっぷり使わせていただきました(*^.^*)

 

内湯でしっかり温まってから、露天風呂へ。ホカホカになって幸せな気分。

 

更衣室を出ると、無料サービスの美味しいお水を飲んで水分補給し、お部屋に戻りました。そして就寝。

 

ぐっすり眠れました。夢も見んかったワ\(◎o◎)/

 

つづく(^-^)/