ヒロホの自由ブログ

一日一日を大切に、ブログもゆっくり書いていきます。

GW旅行記③ 大町市から上高地、そして富山へ

こんにちは、ヒロホです(^-^)/

旅行記の続きです。

3日目はここに行きました↓↓↓

f:id:yh3gatari:20190514055527j:image

写真from Pixabay

上高地です。実際は、まだ雪がたくさん残っていました。

〈目次〉

やまなか館を出発

8:30頃、出発。上高地は自家用車の乗り入れができないので、沢渡(さわんど)駐車場に車を停めて、バスかタクシーに乗り換えます。

 

やまなか館から沢渡駐車場までは車で約1時間半の道のり。あと15分で着くというあたりに、道の駅「風穴の里」を見つけて少し休憩をとりました。


f:id:yh3gatari:20190514223531j:image


f:id:yh3gatari:20190515092820j:image

沢渡駐車場

沢渡駐車場というのは、どうやら市営と民営の駐車場が点在するエリアのことのようです。私たちは最初に目についた梓駐車場に入りました。

 

駐車料金は1日600円也。無料のところは市営駐車場で4つあるようですが、もう満車とのこと。市営は24時間オープンで、朝の6時頃にはすでに満車になるそうです。

 

また、登山する人は朝の4時頃に上高地に入るらしい。この時期、朝の4時といえばけっこう明るいので朝早くスタートするのだそうです。

 

さて、単なる観光客の私たちは、ここに車を停めてシャトルバスかタクシーに乗り換えて上高地に向かいます。

 

上高地バスターミナルまでの料金は、シャトルバスなら大人1名の往復が2,050円で、4人で8,200円です。一方、タクシーは片道4,200円で、定額料金のため往復8,400円です。

 

タクシーで上高地

わずか200円高いだけなら時間の自由がきくタクシーの方が便利だと思い、タクシーで行くことにしました。

 

幸い、駐車場の係員の方がタクシーをすぐに確保してくれたので、待つことなく出発できました。

 

運転手さんはとても話好きな方で、上高地バスターミナルまでの約30分間、観光ガイドをしてくれました。滝が流れているところ、秘湯と呼びたくなるような温泉、熊や猿を見た話、曲がりくねったトンネルなど、楽しくわかりやすく話してくれたので、あっという間に着いた感じです。

 

上高地バスターミナルで昼食

有名な河童橋から見える景色です。f:id:yh3gatari:20190515092728j:image

向こうの山には雪が積もっていますが、全然寒くありませんでした。このGW中は全国的に気温が高く、上高地でも18℃くらいになりました。

 

午前11時過ぎ、バスターミナルの2階で「ざるそば」をいただきました。少し早めの昼食でしたが、私たちが食べ終わる頃には店がかなり混んでいたので、早く入ったのは運が良かった(^-^)/

 

上高地をハイキング

その後、河童橋を起点に、梓川が見え隠れする遊歩道を明神橋に向かって歩くこと約1時間。川向こうを見上げると、奥穂高岳涸沢岳北穂高岳と、登山に興味のない私でも聞いたことがある日本アルプスの有名な山並みが、雪の白さと青空とで美しいコントラストを見せていました\(◎o◎)/

 

明神橋近くの「朝焼けの宿 明神館」周辺では、たくさんの人が休憩中。登山装備の人が多かったです。

 

ここで明神橋をわたり、川の対岸を河童橋方向へ戻りました。明神池は、拝観料300円がかかるので素通り。


f:id:yh3gatari:20190516222059j:image

下の写真は、遊歩道の途中にあった池。ごみなど全く落ちていないのが素晴らしい。f:id:yh3gatari:20190515213535j:image

3時間近くかかったハイキング、上高地を漫喫しました\(^o^)/

 

もちろん、訪れることができなかった名所はたくさんありますが、十分楽しめたので良い思い出になりました。ずっと来てみたかった上高地に来れて満足です(^_^)v

 

再びタクシーに乗って

さて、再びバスターミナルからタクシーに乗って沢渡駐車場へ。帰りのタクシー運転手さんは話しかけても返事がありませんでした(-_-;)

 

高齢っぽかったので、運転に集中されているのかと解釈して、話しかけるのをやめ、疲れていたせいもあり各自ウトウト。

 

ロイヤルホテル富山砺波へ

自分たちの車に戻ると、いざロイヤルホテル富山砺波をめざしました。

 

下調べでは2時間強の行程でした。しかし、ナビが変な道を指示して、通れなかったり、迷ったりして、ホテルに着いたのは4時間後の午後7時20分頃。

 

バイキングの夕食は午後8時までに入れば大丈夫と言われていたので、なんとか間に合いました(^^;;

 

人も料理も少なくなっていましたが、ゆっくり味わうことができてホッとしました。

【公式】ロイヤルホテル 富山砺波|富山・砺波のリゾートホテル

ここは朝夕バイキング、大人4人で46,984円也。バス・トイレ付き洋室で通常サイズ3ベッド+1ベッド追加です。

 

夫と娘たちに通常ベッドをゆずりました(*^.^*) 家では布団なので娘たちはベッドに大喜びだし、夫には帰り道を安全に運転してもらうため、ゆっくり休んでほしかったからです。

 

追加ベッドも寝心地は悪くありませんが、動くときしむのがちょっと気になりました。

 

いよいよ最終日です。

 

つづく。