ヒロホの自由ブログ

一日一日を大切に、ブログもゆっくり書いていきます。

家族旅行の成功は入念な計画から(^-^)v

こんにちは、ヒロホです(^_^)v

4回にわたる旅行記をお読みくださった皆さま、どうもありがとうございます\(^o^)/

 

今回の旅行について、準備段階から旅行終了までを振り返っておこうと思います。

 

次回があるかどうかはわかりませんが、もしあれば役に立つと思うので(*^.^*) 

また、同じような条件で旅行を考えている誰かの役に立てば嬉しいです。


f:id:yh3gatari:20190531072520j:image

設定は、

  • 家族4人(料金は全員大人)
  • 3泊4日または2泊3日
  • 自家用車を使用
  • 国内旅行
  • GWまたはお盆休み

〈目次〉

いつ行くかを決める

行ける日の選択肢は多くありません。親はもちろん平日に仕事がありますし、娘たちも学業やアルバイト、友人との約束などで忙しい。

 

まずは親の都合で、必然的に日曜日と祝日が基準になります。そこに有給休暇を足したり、定時に帰宅して夜に出発という形もあります。しんどいけど…。

 

結果として、やはりGWやお盆休みが最有力候補になります(^_^)

 

料金的には、悲しくなるほど高いです。どこへ行っても人だらけです(T_T)

 

でも、デメリットばかりではありません。

 

「観光客が多く集まり賑わっている」ということは、それを目当てにした「催し」も充実しているということです。すべての場所がそうだとは言えませんが、可能性は高いです。


f:id:yh3gatari:20190531073943j:image

かせぎ時!とばかりに張り切る業者もいるでしょう。せっかく来てくれた観光客を楽しませたい、と考える人たちが工夫をこらして盛り上げてくれる観光地も多いでしょう。

 

高い料金なりに楽しめたなら、それで良し、です。

 

行き先を決める

日数が短いので旅行先は限定されます。

 

車で移動ならば、例えば朝に出発してその日の午後にはだいたい目的地に着いている、というのが理想です。

 

今年の旅行は、当初、上高地が最初の目的地でした。初日に上高地で3時間ほど過ごしたあと、安曇野のわさび農園に寄り、夕方には、2日目の目的地である黒部ダムに近いホテルに宿泊する予定だったのです。

 

上高地安曇野黒部ダム → 富山 →金沢というルートを考えて、その流れで宿泊先も押さえていました。


f:id:yh3gatari:20190602170617j:image
f:id:yh3gatari:20190602171705j:image

でも、よくよくドライブルートと所要時間を調べたら、午後1時頃に上高地を散策するには、朝5時には出発しないと難しく、さらに渋滞にはまったら無理、というのがわかったのです。

 

そこで、初日は無理せずゆっくり移動を楽しむプランに変更。ホテルの夕食までに到着すれば良し、としました。

 

前日まで仕事をした身体には、無理は禁物!

 

おかげで、朝はゆっくりでき、渋滞にはまってもあまり焦らずに済んだし、サービスエリアで休憩時間を多めに取ったり、高速道路を降りて名物のカツ丼を食べたりできました。

 

学校や会社などの団体旅行ではないのですから、無理せず楽しめる旅行をしたいです。


f:id:yh3gatari:20190531092803j:image

ということで、九州や東北はなかなか行けないのが現状です。沖縄や北海道も難しいかな(-_-;)

 

もちろん、移動手段を電車や飛行機で考えるなら話は別ですが、それはまた別の機会に(^_^)v

 

日数を決める

2泊か3泊かは、費用に大きく関係するので悩むところです。

 

大人4人だと、一人10,000円としても合計40,000円。ハイシーズンに一人10,000円で泊まれる宿はなかなかありません。特に、トイレ付きの部屋を希望する場合は。

 

民宿は安いけれど、お風呂とトイレは共同なので、1泊が限度です。

 

何故かって?  お風呂は構わないけど、トイレは他人に気兼ねせずゆっくり入りたいですもの(*^.^*)

 

だから、お部屋のランクを優先するなら2泊。1回は我慢しようと思えたら、3泊ですね。

 

「我慢する」と書いたので、誤解のないよう念のため申し上げておきますが、民宿はとても良い所がたくさんあります。料理は美味しいし、宿の方とおしゃべりできるし。部屋の設備も必要なものはちゃんと揃っています。

 

GWに宿泊した「やまなか館」は、洗面所に使い捨ての紙コップが置いてありました。歯磨き時やちょっとうがいをしたいときなどに重宝しました。


f:id:yh3gatari:20190531092944j:image

だから、トイレさえ気にしなければ民宿2泊とホテルか旅館1泊もありなんですけどね~。

 

行程を決める

一日目にどこで何をするか。二日目、三日目は?

 

私が旅行を計画したときに一番楽しいのは、工程表を作る作業です。地図を見て、どこに何があるかを調べながら訪問先を決めていきます。

 

自分が「行ってみたいな」と思う場所をいくつかピックアップして、限られた日数と予算でうまくまわれるよう考えるのがとても楽しい\(^o^)/

 

バーチャルツアーという感じです。

 

この計画をしっかり立てておくと気持ちに余裕ができて、旅行がさらに楽しくなります。


f:id:yh3gatari:20190602165311j:image

ドライブルートを決める

どんな経路で移動するかによって旅の中身が大きく変わると思います。

 

自家用車での旅行は、ある意味、家にいる状態で移動するような感じなので、電車の旅に比べると、見知らぬ土地へ行く緊張感があまりありません。

 

その上、高速道路は日本全国どこも同じような景色なので、せめてサービスエリアにこまめに入って、その土地の特産品や食べ物を体験すると面白いと思います。

 

休憩はこまめに。しかし、こまめにサービスエリアに入ると、ついついお金を使ってしまいます。休憩が観光にもなるよう、名物サービスエリアを事前調査しておくと無駄なく楽しめます。


f:id:yh3gatari:20190602165800j:image

宿泊先を決める

ホテルか旅館か民宿か。人によってはキャンプ地で車内泊もあるかと思いますが、我が家はアウトドア派ではないため、宿を予約します。

 

宿の条件は、トイレ付きの部屋であること。しかし、「トイレの配置も重要」ということに、GWに利用したホテルで気づきました。

 

一泊目の立山プリンスホテルの場合、トイレは部屋を入ってすぐ横にあり、和室から離れていたので問題ありませんでした。トイレと洗面所も別個だったので使いやすかったです。

【公式】立山プリンスホテル | 長野県大町温泉郷

一方、三泊目の富山砺波ロイヤルホテルは、端っこのベッドの真横の壁の向こうがトイレだったので、夜の静けさの中ではどうしても排泄音が聞こえてしまい、お互い気を遣いました。家族といっても聞かれたくないですから。また、ユニットバス式でトイレと洗面所が同じ部屋なので使いづらかったです。

 

今後、部屋を探すときは注意しようと思います。

 

でも、富山砺波ロイヤルホテルは立地が良く、ホテルから見える景色が素晴らしかったし、露天風呂付きの大浴場やレストランのバイキングは大変満足のいく内容でした。皆さんにお勧めできるホテルであることは間違いありません。

 

トイレは私の個人的問題なので、ホテルに対する私の評価は高いです。

【公式】ロイヤルホテル 富山砺波|富山・砺波のリゾートホテル

 

布団かベッドかは、私にはどちらでも良いけれど、娘たちはベッドが嬉しいので、これもホテルで探すときは考慮します。

 

予算を見積もる

「旅行に行って楽しく過ごす」というのを前提に予算を見積もります。つまり、節約ばかり念頭におかず、せっかく行くのだから悔いのない旅にすることを最優先するのです。

 

本来ならもっと上に来るべき予算の項目が最後になっているのは、そのためです(^^;;

 

そうはいっても、資金は限られているのでおのずと無理のない計画に近づこうとして、けちる部分がいろいろ出てしまいますけど(^^;;


f:id:yh3gatari:20190602171629j:image

去年のGWに富士五湖へ旅行したとき、いろんな場面(食事、宿泊費、土産物代など)でクレジットカードを使ったため、翌月の支払いがすごく大変でした(-_-;)

 

その反省から、今回はできるだけ現金払いにしたおかげで、後日の支払いはETC料金ぐらいで済みました。

 

旅行のあとに残るのは借金じゃなくて、楽しい思い出が良いですから\(^o^)/

 

あとがき

現金払いの資金は、私の週末バイト代から出しました。

 

昨年一年間に貯めた内の3分の2が消えましたヮ(T_T)

 

子どもの教育費や自分の老後資金を考えたら旅行で散財なんかしている場合ではないけれど、今を楽しむことも大事と思って使ってしまいました。

 

でも楽しかった。でもお金使っちゃった。でも良い思い出ができた。でも貯金が減っちゃった。でも娘たちが喜んでくれた。でも進学費用はまた一からになっちゃった。でも家族旅行ができて嬉しかった。でもいつまで頑張れるのかなあ。でも・・・・・。

 

いつも堂々巡り思考に陥ります。

 

でも、今できることをするしかないんですよね。楽しいこともそうでないことも。そのために、またせっせと貯金しなくては。

 

メタルバンク30マンエン ゴールド

メタルバンク30マンエン ゴールド

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました(^-^)v