ヒロホの自由ブログ

一日一日を大切に、ブログもゆっくり書いていきます。

嵯峨野 竹林の小径

こんにちは、ヒロホです⊂(◉‿◉)つ

 

さて、京都・嵐山の化野念仏寺を訪問した後の続きです。


f:id:yh3gatari:20200105194227j:image

「竹林の小径」に向かうわけですが、もと来た道をもどりながら、ちょっと休憩をとりました。

 

行きに見つけて、入ってみたいなと思っていた「甘味カフェふらっと」。

f:id:yh3gatari:20200105190828j:image

オーガニックコーヒーをいただきました。

 

美味しいコーヒーを飲んで元気が出たので、また出発。

 

「落柿舎(らくししゃ)」の前を通ったので写真をパチリ。

ここは、芭蕉の門人・去来の庵で、芭蕉も三度、来庵したそうな。この庵を拠点として嵯峨嵐山の名所名刹を巡り、『嵯峨日記』を記したとのことで、いまでも文学や俳句を愛好する人たちの聖地と言える場所になっています。

f:id:yh3gatari:20200105192517j:image

落柿舎についてはこちら→

http://www.rakushisha.jp/about/index.html

 

芭蕉のことは学校で習ったし、「嵯峨日記」というタイトルは受験勉強で覚えた気がします。

 

入場料200円とあったので、入口だけ見て次へ移動しました┐(‘~`;)┌

 

だんだん人の数が増えてきて、「竹林の小径」は通勤ラッシュの人混みのような混雑ぶりでした。


f:id:yh3gatari:20200105194804j:image

外国人観光客だらけで、びっくり。

 

さて、写真で見たことある方も多いと思いますが、「竹林の小径」とは何かというと、

孟宗竹などの竹林の間を通る薄暗い小径のことで、京都らしい風情が特に外国人観光客に受けているらしいのです。

もちろん、日本人にも。

 

確かに、まっすぐ上に伸びている無数の竹には感動しますよ。

 

詳しくは→

https://kyototravel.info/chikurinnokomichi

 

竹林の小径を出て、嵐山公園を歩いていると、桂川が見えてきました。

 

川べりの道におりて撮った写真がこれ。f:id:yh3gatari:20200105195815j:image

紅葉がまだあと一息といった感じですね。

でも色とりどりの木々が美しいです!

f:id:yh3gatari:20200123075957j:image

川沿いに歩いていくと、渡月橋に到達。

もう夕方。あと少しで日が暮れる〜


f:id:yh3gatari:20200123161137j:image

 

橋を右手に見ながら道路を渡ると、大きな土産物屋が並んでいました。

店員さんが土産を勧めてきたとき、日本語がたどたどしかった。

留学生さんのアルバイトかな。

 

夕暮れ時の阪急嵐山駅。

f:id:yh3gatari:20200125123446j:image

灯りが良い感じです。

往路と同じ経路で無事に帰宅しました( ꈍᴗꈍ)

 

旅行からだいぶ日が経ってしまいましたが、書き終えられてホッとしました。

 

最後までお読み下さりありがとうございました!