ヒロホの自由ブログ

一日一日を大切に、ブログもゆっくり書いていきます。

「ノルウェイの森」を読んで

こんにちは、ヒロホです(•‿•)

 

久しぶりのブログです。

毎日、新型コロナウィルスの話題ばかりで、不安感がつのりますね。怖いです。

 

早く効果的な治療法が見つかってほしい!

 

不安な気持ちを一時でも忘れられたら、と思って読書に没頭していました。

 

そこで今回は先程読み終えたばかりの本

ノルウェイの森」(村上春樹)

について書きます( ꈍᴗꈍ)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

  • 作者:村上 春樹
  • 発売日: 2004/09/15
  • メディア: ペーパーバック
 

 

いやーまったく想像していなかった内容でした。

タイトル「ノルウェイの森」はビートルズの名曲「Norweigian Woods」から付けたのでしょう。

だから、外国を舞台にしたストーリーだと思っていました。

 

しかし、これは

日本人の一人の男子大学生(ワタナベ)と同級生の二人の女性(直子、緑)との切なくほろ苦いラブ・ストーリーでした。

ノルウェイの森

ノルウェイの森

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

こう言い切ってしまうと、村上春樹ファンからお叱りを受けるかもしれませんが、村上春樹氏の著書初体験の私には、

「久しぶりに

濃厚な恋愛小説

を読ませてもらった」という感じが強くありました。

 

また、登場人物が会社勤めや子育てをしておらず、日ごろ読んでいる企業ものの推理小説とは全然違って

生活感がない

ことも新鮮でした。

 

そして、最も驚いたのは

性的描写

が多かったこと。

 

読みやすい文章で、若い男女の性に関する会話や行為も淡々と書かれていて、年甲斐もなくドキドキしてしまいました((●__●)

 

こういう時、男の人ってこんなふうに考えてるんだなあ、こんな感じ方をするんだなあって。

 

著者は男性ですから、女性のほうの感じ方については、想像をたくましくしたのか、誰かに聞いたのかして書いたのでしょう。

 

もしも10代か20代で読んだら「いやらしい」と感じたかもしれません。だから、10代の娘たちに薦める勇気はありません┐(´д`)┌

 

質問されても困るし(~_~;)

 

この年になって、いわゆる「酸いも甘いも噛み分けた」年齢で読んだので、ドキドキしつつも冷静に読むことができたと思います。

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

  • 作者:村上 春樹
  • 発売日: 2004/09/15
  • メディア: ペーパーバック
 

 

主人公ワタナベが愛する直子は、17歳のとき幼なじみの恋人が突然自殺。また彼女のお姉さんも自殺しており、発見者が直子でした。大学生になってから精神を病み、療養施設で暮らすようになります。

 

ワタナベの大学の同級生の緑は、ワタナベに積極的にアプローチしてくるハキハキした女性ですが、子どもの頃に親から愛された経験がなく、愛情に飢えていて、性的発言がけっこう過激です。

 

タイプの異なる二人の女性を愛してしまうワタナベは、はっきり言うと二股かけているわけですが、女性どうしに接点がないので、修羅場はありません。

 

直子は自殺した幼なじみを忘れることができずに苦しみ、そんな直子をワタナベは愛しており、守ってあげたいと思っています。

 

その一方で、自分に対する愛欲をストレートにぶつけてくる緑を、ワタナベは友人として、また恋人として必要としています。

 

物語のどこからタイトルが出てきたのかというと、

 

療養施設で直子と同室の女性(レイコさん)がギターでビートルズの曲をたくさん奏でます。

 

ノルウェイの森」はその中の一曲。

ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) (Remastered 2009)

ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) (Remastered 2009)

  • 発売日: 2015/12/24
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

レイコさんの選曲は、ちょっと哀愁のある曲ばかり。それがこの物語の雰囲気を伝えています。


f:id:yh3gatari:20200313232546j:image

 

37歳になったワタナベが、ドイツの空港に降り立った飛行機の中でこの曲を耳にしたとたん、直子とのさまざまな思い出がよみがえります。

 

その時の情景からこの小説「ノルウェイの森」は始まっています。

 

初めて読んだときは、何のことやら、という印象でした。

 

読み終えてから再び一番最初を読み返すと、大きな感動がありました。

 

美しくリアルな性愛場面が散りばめられた恋愛小説です。

お薦めです!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました(◕ᴗ◕✿)