ヒロホの自由ブログ

一日一日を大切に、ブログもゆっくり書いていきます。

安心感を求めて→危機管理

こんにちは、ヒロホです。◕‿◕。

ぶつぶつ、ひとりごとを書きます。

 

世の中は思う通りにはいかない、ということを実感する毎日だにゃ〜。:゚(;´∩`;)゚:。


f:id:yh3gatari:20200503123341j:image

昨年の今頃は、新天皇即位で世の中が希望や期待に溢れたのに。

 

現実がどうであれ、なんとなく、新しい世の中が始まって、楽しいことや素晴らしいことが起きるのではないかという期待感があったよなあ。

 

東京オリンピックパラリンピックの開催は、運営面で暑さ対策や交通・警備面での心配、日本選手がどれだけ好成績を残せるかの期待と不安はあっても、まさか、開催延期など夢にも考えてなかった…

 

我が家では、昨年の11月頃には、浪人生の長女も4月から専門学校に通うことが決まり、費用工面の教育ローンの借り入れや奨学金の手続きを着々と進め、すでに前期の費用は支払い済み。

 

高2の次女はなんだかんだ言いながらも大学受験の年に突入して、4月からはテスト勉強に励むはずだったのに。それが・・・(・o・;) 


f:id:yh3gatari:20200503123405j:image

長女の入学式はなくなり、オリエンテーションもなくなり、面談もなくなり、いまだ生活リズムは浪人生のまま。

 

GW明けにやっとオンラインでオリエンテーションが行われ、その翌週からオンライン授業も始まることになったけど。

 

次女は始業式と数日の登校日はあったものの、課題を家でこなしてネットで提出する形が続いており、ダラダラ過ごす毎日…

 

少なからぬ親が懸念している、

「コロナの年の学生は学力が低い」

と言われる可能性を娘に言っても、「私は気にしない」と返されてしまった。

 

5月半ばから少しずつ自粛緩和が始まり、このまま感染者が減少しつづけたら、6月からは登校できるようになりそうなのは、親には朗報。

 

一方、娘たちは長い長い春休みがとうとう終わることが残念らしい。

 

しかし、これからは

コロナと共存する新生活

が始まる。

 

娘たちには、こういう時代に巡り合わせたことを淡々と受け入れて、元どおりは期待せず、学校行事もほとんど中止と覚悟して、勉強できるときにやっておくという気持ちで真面目に日々を過ごしてほしいと思う。

 

そして私も、次のことを心していく決意。

  • まずは自分自身が感染しないよう、体調に気をつける
  • 家族の健康管理に注意を払う
  • たまには外食の代わりになるような料理を工夫する
  • 来週あたりから勤務日数が減らされて収入が減るので、節約を心がける
  • 休みが増えるので、サボりがちだった掃除を頑張る(運動不足解消にもなるかな)
  • ティッシュペーパーやトイレットペーパー、マスク、その他今回のコロナ禍で品切れだったけれどやっと出回り始めた品を少しずつ買いだめしていく
  • インスタント食品などの保存できる食べ物、飲み物も同様にストックを増やしておく

 

最後の2つは家族にも協力を頼んでおいた。慌てて買いだめに走る愚は避けたいから。

 

私には体力も経済力もあまりないから、長蛇の列に並んだり、店をハシゴして買いに走り回ったりしたくない。ならば、早めの準備をするしかない。

想像力を働かせて、危機管理!

そうすれば、少しは安心できるかな。


f:id:yh3gatari:20200517183154j:image

最後までお読み下さりありがとうございました。